ニュース・お知らせ
墨田区おしなり公園に設置されているSmaGO
東京スカイツリー前、墨田区おしなり公園にSmaGOが新しく設置!

東京スカイツリー前、墨田区の「おしなり公園」に、SmaGOが一箇所設置されました。   墨田区のSDGs活動「Action!すみだSDGs」の一環として、SmaGOを設置いただきました。 「Action!すみだSDGs」デザインのラッピングがされています。   遊びに行った際は、ぜひSmaGOを使ってみてくださいね。   ■Action!すみだSDGs  公式WEBサイト 墨田区は、積極的なSDGs活動により、2021年には「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」にダブルで選定されています。

Read more
プレスリリース
全国清涼飲料連合会 ラッピングデザイン
原宿・表参道のSmaGOにて、12/20より全国清涼飲料連合会様のラッピングが開始!

原宿・表参道に13箇所34台設置しているSmaGOにて、一般社団法人全国清涼飲料連合会様のラッピングが開始いたしました。 ペットボトルのリサイクル率「89%」   一般社団法人全国清涼飲料連合様リリースより スマートリサイクルボックス「SmaGO」をサポート 原宿・表参道からペットボトルリサイクルの情報発信 「89%」の意味は? 一般社団法人全国清涼飲料連合会(千代田区、米女太一会長、以下全清飲)は、商店街振興組合原宿表参道欅会(理事長:松井 誠一、以下欅会)、株式会社フォーステック(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹村 陽平)が展開するスマートリサイクルボックス「SmaGO」(スマゴ)13箇所(計34基)を活用したペットボトルリサイクルの啓発活動を原宿・表参道にて12月20日~来年1月末まで実施します。 原宿駅から表参道駅に通じる歩道(約1㎞)は通行量が多く、既設リサイクルボックスの回収容量を超え、あふれ対策のための回収頻度の増加が以前より課題となっていました。その対策として、欅会では、ソーラーエネルギー可動による自動圧縮機能やIoT技術を活用した回収量などの通知機能を搭載したスマートリサイクルボックス「SmaGO」に入れ替えました。「SmaGO」のオフィシャルパートナーを募り、「SmaGO」をラッピングし、使用済み容器包装などの分別回収をはじめ、リサイクルやSDGsへの取り組みの大切さを啓発し続け、維持管理費などの支援も得ています。 全清飲ではその活動をサポートするため、ペットボトルリサイクルの啓発メッセージを「SmaGO」に掲出し、クリスマス・年末年始の時期、多くの方々に向けて訴求します。 飲料業界は29年前からペットボトルの「自主設計ガイドライン」を制定し、ペットボトルの資源循環に取り組んできました。今回、本体に掲げた「89%」は日本のペットボトルリサイクル率で、前年度から約3%リサイクルが進んだ最新の数字(2020年度実績)です。欧米と比較しても非常に高く、世界トップランナーのリサイクル率です。啓発メッセージにある「すてる?リサイクる?」には、消費者の手の中にある飲み終わった飲料容器を「ゴミ」ではなく、「資源」として意識し、『自分ごと』としてリサイクルを始めてもらう気付きを提供したいとの思いを込めています。さらに、本体に掲示したQRコードを、スマートフォンで読み取っていただき、より詳細な最新のペットボトルのリサイクル情報にアクセスいただくことで、アナログとデジタルのハイブリット啓発による、啓発効果を高めています。    

Read more
プレスリリース
渋谷RAYARD MIYASHITA PARKのSmaGOに、ゴミ回収の「お礼」をする音声センサー機能が追加。12/17(金)から運用開始!

12月17日より、渋谷の「RAYARD MIYASHITA PARK」内に21台設置されている「SmaGO」の中の1台にゴミを入れるとキョロちゃんがお礼を言う音声センサー機能が追加されました。   以下、森永製菓株式会社のニュースリリースより   森永製菓株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:太田 栄二郎)は、株式会社フォーステック(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹村 陽平)が提供するスマートゴミ箱「SmaGO」(スマゴ)を渋谷の「RAYARD MIYASHITA PARK」内に設置する支援を2021年6月より行なっています。 「RAYARD MIYASHITA PARK」では、「SmaGO」の設置後、ゴミの回収頻度が5割以下に、また、森永製菓が2020年10月から2021年9月まで「SmaGO」の設置支援を行なっていた「表参道」においても、街の散乱ゴミが軽減されています。 「SmaGO」は、ゴミ箱が満杯になるとゴミが自動的に圧縮され約5倍の容量を捨てることが可能であるとともに、インターネット通信機能を通じてゴミの蓄積状況をクラウド上でリアルタイムに把握できるため、ゴミの収集作業を効率化でき、回収コストや、回収作業に伴うCO2削減が期待できます。 さらに、この12月17日より「RAYARD MIYASHITA PARK」内に21台設置されている「SmaGO」の中の1台にゴミを入れるとキョロちゃんがお礼をいう音声センサー機能を追加いたします。ゴミ回収への協力に「お礼」を届けることで、ゴミのポイ捨ての抑止、分別意識の共有の促進を図り、より美しい街づくりを応援していきます。 今後も森永製菓は、コーポレートメッセージ「おいしく、たのしく、すこやかに」のもと、様々な取り組みを行いステークホルダーとの良好な関係を維持・発展させ、社会課題の解決と持続可能な社会の実現のために尽力いたします。 ※「SmaGO」は、IoT技術を活用したスマートゴミ箱。3G回線を通じてゴミの蓄積状況をクラウド上でリアルタイムに把握できるともに、ゴミ箱が満杯になるとゴミが自動的に圧縮され約5~6倍の容量を捨てることが可能。ゴミ箱の動力はすべて太陽光発電でまかなうため、電気代はゼロ。  

Read more
プレスリリース
IoTスマートリサイクルボックス「SmaGO」活用の共創型ビジネスで 電通と業務提携し、サーキュラーエコノミーを推進

株式会社フォーステック(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹村 陽平、以下「フォーステック」)は、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:五十嵐 博、以下「電通」)と本日業務提携し、IoTスマートリサイクルボックス「SmaGO(スマゴ)」を活用した共創型ビジネスで、サーキュラーエコノミーを推進します。 本提携により、フォーステックと電通はゴミ回収・処理・再生利用などの社会課題に対して、SmaGOを起点とした企業・自治体との共創型ビジネスモデルの構築や、マーケティング・コミュニケーション戦略を強化し、SmaGO普及にむけたPR活動、蓄積されたプラスチックゴミ等を再利用したプロダクト開発、ビーコンなど現状実装されていないテクノロジーを掛け合わせた次世代 SmaGOの開発など、社会実装を推進し、より一層のサーキュラーエコノミー推進に貢献していきます。 <IoTスマートリサイクルボックス「SmaGO」とは> ソーラーで発電・蓄電した電気を使い、ゴミを自動圧縮することで、同サイズのゴミ箱5〜6杯分ほどの容量を一度に捨てることが可能です。また、中にあるゴミの量をセンサーで把握し、適切な回収タイミングをゴミ回収業者に通知することで、ゴミ回収の頻度とコストを大幅に削減し、回収作業に伴うCO2排出量までも削減します。さらに、集めたゴミの処理ステップ自体を可視化し、ゴミを資源として再利用してモノづくりを行う企業との、連携機能の実装も進めています。 現在までに世界46カ国で7000台以上導入されており、特にアメリカ合衆国のフィラデルフィア市では、市の環境プロジェクトとして1300箇所以上に設置されて、年間335トンのCO2排出量を削減しています。   <本提携の具体的な取り組み予定> ① SmaGOを起点とするサーキュラーエコノミー普及に向けた、マーケティング・コミュニケーション戦略強化 ② ビーコン等、現状実装されていないテクノロジーを掛け合わせた次世代 SmaGOの企画・開発 ③ SmaGOに蓄積されたプラスチックゴミ等を再利用したプロダクトモデルの開発など、企業・行政機関・NPO法人等と連携した共創ビジネスモデル開発 ④ ゴミ処理課題を抱える地域・施設へのSmaGOの導入推進など、企業クライアント、地方公共団体に向けた共同セールス活動 ⑤ SmaGOラッピングによる広告モデル なお、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会が実施する「TEAM EXPO 2025」プログラムにおいて、フォーステックと電通は共創パートナーとして、共創チャレンジ「Team SmaGO」を支援しています。 (参考)「TEAM EXPO 2025」プログラム公式ウェブサイト    【リリースに関する問い合わせ先】 株式会社フォーステック 竹村、緒方 Email:info@forcetec.jp    

Read more
ニュース・お知らせ
スマートゴミ箱「SmaGO」、埼玉県・メットライフドームにて7月2日より運用開始

スマートゴミ箱「SmaGO」を、プロ野球・埼玉西武ライオンズの本拠地・メットライフドーム内の3塁側DAZNデッキに8台設置し、2021年7月2日(金)より運用を開始いたしました。日本で3例目、スポーツ施設としては初めての導入となります。 オフィシャルパートナーとしてロート製薬株式会社様に協賛いただき、ゴミ箱には「デ・オウ」広告がデザインされています。 メットライフドームニュース「IoT活用のスマートゴミ箱「SmaGO」を設置!」: https://sp.seibulions.jp/news/detail/00004760.html メットライフドームWEB: https://www.seibulions.jp/stadium/index.html   ■設置箇所 メットライフドーム内3塁側DAZNデッキ   ■デザイン   ■西武ライオンズ様のコミュニティ活動「L-FRIENDS」について 2018年3月より西武ライオンズ様が行っているコミュニティ活動の総称。『野球振興』『こども支援』『地域活性』『環境支援』の4つを柱として、よりすこやかな社会、のびやかな未来を目指し、さまざまな活動を行っています。L-FRIENDSのロゴは、地域・ファン・選手・スタッフを個性的な形を持つハートで表現し、それらが集まり、心がつながって未来へ向けて花開くプロジェクトであることを表しています。このハートの一つひとつは、LIONSの『L』も表現しています。 L-FRIENDS特設サイト:https://sp.seibulions.jp/lfriends/ 『SAVE THE EARTH Lions GREEN UP!プロジェクト』を2021シーズンも実施!:https://sp.seibulions.jp/news/detail/00004398.html      

Read more
プレスリリース
スマートゴミ箱「SmaGO」、渋谷・RAYARD MIYASHITA PARKにて6月21日より運用開始

この度、スマートゴミ箱「SmaGO」を、東京都渋谷区の商業施設・RAYARD MIYASHITA PARKに7箇所21台設置し、2021年6月21日より順次運用を開始いたしました。 オフィシャルパートナーとして森永製菓株式会社にご協賛いただき、ゴミ箱には森永製菓株式会社のキャラクター・キョロちゃんがデザインされています。 ■デザイン RAYARD MIYASHITA PARK ニュース: 「IoTスマートリサイクルボックス「SmaGO」設置」 https://mitsui-shopping-park.com/urban/miyashita/news/1887633.html RAYARD MIYASHITA PARK WEBサイト:https://mitsui-shopping-park.com/urban/miyashita/

Read more
プレスリリース
メディア掲載のお知らせ

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」 2021年5月23日放送「【SDGs】発電し自動で圧縮!“ハイテクゴミ箱”」 2021年5月23日放送の、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」SDGs特集枠にて、SmaGOを特集していただきました。 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000216961.html   ◼︎TBS「あさチャン!」 2021年6月14日放送 2021年6月14日放送のTBS「あさチャン!」SDGs特集枠にて、SmaGOを特集していただきました。

Read more
プレスリリース
森永製菓株式会社様をパートナー企業に、表参道にてスマートゴミ箱「SmaGO」10/8(木)より運用開始!

森永製菓株式会社様より、以下のニュースリリースが出ました。 NEWS RELEASE 森永製菓株式会社 〒108-8403 東京都港区芝5-33-1https://www.morinaga.co.jp 2020年10月8日 表参道のプラカップごみ問題に向けて、日本初となるIoT活用のスマートゴミ箱「SmaGO」10月8日(木)から運用開始 「森永製菓株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:太田 栄二郎)は、商店街振興組合原宿表参道欅会(理事長:松井 誠一)、株式会社フォーステック(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹村 陽平)が提供するスマートゴミ箱「SmaGO」(スマゴ)34台を表参道沿いの歩道に設置し、10月8日(木)から日本で初めて正式運用を開始いたします。 「SmaGO」は、IoT技術を活用したスマートゴミ箱で、上部のソーラーパネルで発電し3G回線を通じてゴミの蓄積状況をクラウド上でリアルタイムに把握できるとともに、ゴミ箱が満杯になると自動的に圧縮され約5~6倍の容量を捨てることが可能です。それにより、ゴミの収集作業を効率化でき、回収コストや、回収作業に伴うCO2削減が期待できます。ゴミ箱の動力はすべて、太陽光発電でまかなうため、電気代はゼロです。また、ゴミ箱のふたは足で踏むと開く非接触型で、ふたに触れなくてもゴミを捨てられます。 森永製菓では、SDGsへの取り組みの一環で、「SmaGO」のオフィシャルパートナーとして費用の支援を行うとともに、ゴミ箱をラッピングしてゴミの分別やリサイクルの大切さをお伝えしていきます。プラスチックを排出する食品会社として、提供時のプラスチックの削減だけではなく、お客様が購入していただいた後も、ゴミを正しく処理しやすい環境づくりをすることで、海洋資源の保全にもつながると考えて、今回のスマートゴミ箱の設置への取り組みをサポートさせていただきました。今後も森永製菓では、「おいしく、たのしく、すこやかに」というビジョンのもと、企業活動のすべての領域において社会的責任を果たすべく、様々な取り組みを行い、ステークホルダーとの良好な関係を維持・発展させ、社会との共存と持続的成長の実現のために努力してまいります。   ■「SmaGO」写真   ■「SmaGO」設置場所 表参道沿いの歩道に13カ所34台設置しています。一般可燃用21台 資源ごみ(ペットボトル、かん、びん)用13台 <本件に関するメディアのお問い合わせ先>森永製菓株式会社 コーポレートコミュニケーション部 担当:藤田・辰野・山坂・田村Mail:koho@morinaga.co.jp <SmaGOに関するメディアのお問い合わせ先>株式会社フォーステック 担当:緒方Mail:info@forcetec.jp   ■「SmaGO」ラッピングについて 森永製菓では、「SmaGO」のオフィシャルパートナーとして、森永製菓の主力商品「チョコボール」のキャラクターである「キョロちゃん」を活用した「SmaGO」のラッピングデザインを行いました。今回のデザインでは、森永製菓の「表参道宣言」として、ゴミの分別やリサイクルにより、表参道を美しくしていこうという呼びかけと、「SmaGO」設置に至った想いを打ち出しながら、企業理念である「おいしく、たのしく、すこやかに」のメッセージを掲げています。今後も、さまざまなラッピングデザインを予定しています。   ■SmaGOについて 「SmaGO」は、米BigBelly Solar社が開発したスマートゴミ箱を活用した、株式会社フォーステックが展開するソリューションです。(日本への輸入・保守・クラウドの管理は日本システムウエア株式会社が実施しています。)ニューヨークのタイムズスクエアやフランス、イギリス、アイルランド、ドイツなど世界50カ国以上の自治体で導入されており、ゴミの回収作業を効率化し、回収コスト圧縮に貢献しています。   <SmaGOの特徴>   <SmaGOのメリット> ゴミの蓄積状況は、クラウド上でリアルタイムに把握できるとともに、ゴミを自動圧縮する機能を装備しており、回収頻度の削減を実現します。ゴミ箱ごとの回収状況がわかるため、ゴミがあまり溜まらない場所にあるゴミ箱を撤去したり、溜まりやすい場所にゴミ箱を増設したりと配置を最適化することも可能です。   <導入事例> ニューヨーク市 タイムズスクエア(回収数削減率50%、リサイクル流用率40%) ニューヨーク タイムズスクエアでの設置の様子   フィラデルフィア市(回収数削減率90%、回収コスト削減率70%) フィラデルフィアでの設置の様子

Read more